医師 求人 転職 研究所

2014年2月1日土曜日

医師の転職先は研究所

医師の転職先は求人があれば研究所

医師の転職は求人があれば研究機関(研究所)が良さそうですね。 今年の十大ニュース入り確実な、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの、新たな万能細胞「STAP細胞」の開発に携わった、小保方晴子研究ユニットリーダーの再生医療への貢献度はすばらしいものがあります。
あるニュースの記事でチラッと見ただけなのですが、ある研究所の研究員のなかには、年収が一億円以上の方も居られるとか。
これからの医療界では、良い薬や、良い治療法を開発して、患者数をどんどん減らして行く方向に舵を取るのが順当に見え出した。
お医者様も、転職する時代になって、いく久しい年月が経過している。
研究所の求人が目に入れば、迷わず転職する医師の姿が、珍しく無い時節が到来しそうだ。
マー君がヤンキーズへ行った様に。

2012年11月4日日曜日

医師も転職したい時がある

医師は頭の良い人しか出来ないので、医師の世界は凡人の世界とは違うと思っておられる方は多いでしょう。
ところが、医師の職場も凡人の職場も、こと人間関係においては大した変わりが無いらしい。
職場の対人関係が旨く行かず、転職を希望している医師は多いと思う。
製薬会社などの求人で応募される医師の中にも、転職希望の理由が実はそうだったという医師も何名かはおられる筈。

2012年7月3日火曜日

医師は転職を繰り返し成長する

医師は転職で腕を上げる。 医師は元々尊敬される仕事ですが、同じ病院などに長年勤務していると、周囲にちやほやされている内に、日進月歩の医療技術から取り残されて行く。居心地の良さが、医師自身の腕を蝕んで行くのだ。そういう時は、思い切って転職し、他の医療機関で危機感を感じながら修行する事で、医師自身の腕を上げる事が出来る。